前へ
次へ

大学入試の勉強は無理のない計画を立てて進める

大学入試の当日に意外と奥の人が悩みのが服装であり、高校の制服を着ていかなければならないのか、普段着でも構わないのかを迷います。
結論から言うと高校の制服ではなくても大丈夫ですが、3年間着慣れた制服が落ち着くなら制服でも構いません。
ただし面接試験や推薦入試であれば、服装は高校の制服を着用した方が無難です。
寒い時期なので温かい服装が良いですが、漢字や英語のロゴ入りの洋服は選ばないようにします。
暖房も入っている入試会場なので、脱いだり着たりすぐにできるカーディガンなどがあると便利です。
眠る時間も惜しいくらい勉強に時間を割きたいのが大学入試前ですが、1分でも無駄にしたくはないならば、お風呂でも勉強をすることです。
集中をして勉強をするとお風呂に入るのさえ面倒になりますが、バスタイムも勉強に時間にすれば問題は解決をします。
教材をそのままお風呂場に持ち込むときには、紙が濡れてはいけないので防止ブックカバーを使うことです。
完全防水ブックカバーですが、現代では優れた商品もあり、ページまでめくることのできる優れた商品もあります。

夏休みは大学入試に向けて徹底して勉強ができるチャンスであり、効率的に勉強をするためにも計画を立てていくことです。
勉強の目標を設定するのと共に、必ず復習をする時間を定期的に作ります。
無理なく進めることのできる勉強のペースにすることであり、合間に時々休憩時間を入れると勉強は効率化するのでコツです。
自分の学力がどれくらいあるか、まずは把握をして計画は無理なく立てるようにします。
目標は小さな目標と、大きな目標を立てて、分割して計画はこまめに寝ることです。
大学入試にあると良いものは、必ず必須の持ち物とはまた別ですが、ハンカチとポケットティッシュ、それに使い捨てカイロがあると重宝をします。
寒い時期に入試流行ってきますので、出掛ける時には手袋をしますが、それでも寒さが厳しくて手がかじかんでしまうためです。
試験前に使い捨てカイロを手に当てて、温めて良く動くようにして試験に臨むようにします。
外は寒くて中はあたたかい温度差で、鼻水も出やすくなるのでポケットティッシュも必須です。

Page Top